サービスのご案内

鉄道信号設備

東武鉄道・東上運行管理所(列車集中制御システム)
安全を全てに優先し、安全・安心を支えてきた実績
多くの民鉄・JRの運行を私たちは支えてきました。
指令の一元化を図った運行管理システム、そして日々複雑化する鉄道信号システムと踏切制御。
私たちは時代の進化に対応しつつ、これまで培った経験を最大限に活かしてきました。今後も輸送の安全と正確な運行に貢献していきます。

鉄道信号事業への取り組み

鉄道信号設備イメージ
鉄道信号事業
私たちの至上命令は、いついかなるときでも安全性を確保すること。鉄道独自のフェールセーフの確立、最新保安システムの構築。さらに数多くの鉄道網を支えてきた経験を活かした最善の業務体制の構築。これらを通して、日々の安全・安心を支えます。

主な鉄道信号設備事業のサービス項目

信号保安設備工事

信号保安設備工事 信号保安設備工事 信号保安設備工事 信号保安設備工事

信号保安設備には、信号機、連動装置、軌道回路、転てつ機、自動列車停止装置(ATS)、自動列車制御装置(ATC)、自動進路制御装置(PRC)、列車集中制御装置(CTC)等数多くの装置があります。そして、CTCを中心にこれらの保安装置を集中的に制御し、全線の運行状況を監視しながら、安全で能率的に列車の運行を管理するのが列車運行管理システムです。私たちは、列車運行に係わる保安設備全般に対応しており、蓄積された豊富な知識と高い技術力で、お客様のニーズにお応えいたします。

  • ・信号機
  • ・電気転てつ機(ポイント)
  • ・自動閉塞信号装置
  • ・自動列車停止装置(ATS)
踏切保安設備工事

踏切保安設備工事 踏切保安設備工事 踏切保安設備工事 踏切保安設備工事

踏切保安装置
踏切には、遮断機、警報機のほか事故を未然に防止するためのさまざま安全装置が設置されています。踏切支障検知装置は、警報中の踏切内に自動車等が進入または立ち往生すると、自動的に支障物を検知し接近してくる列車の乗務員等に知らせます。また、押ボタン式踏切支障報知装置は、踏切付近に設置された操作器(押ボタン)を押すことにより、踏切付近での異常を知らせることが出来ます。
私たちは、これらの工事において豊富な経験と高い実績で、お客様の信頼にお応えいたします。

  • ・踏切警報装置
  • ・踏切自動遮断装置
  • ・踏切支障検知装置
転落支障検知設備工事

転落支障検知装置 転落支障検知装置

転落支障検知装置
ホームからの転落事故に対する安全対策として、転落検知装置があります。このほかにも脱線等で隣接する線路の車輌限界を支障したときに、隣接線の列車に異常を知らせる限界支障検知装置や、築堤区間での落石による線路障害を知らせる落石検知装置等があります。これらも重要な保安設備であり、保守を含め更新、改良のお手伝いをいたします。

  • ・転落支障検知装置
  • ・限界支障検知装置
  • ・落石検知装置